重量物の撤去&据付、プレハブ配管、鉄骨製作のことなら喜んで!   京都・大阪・兵庫・福井は無料出張査定いたします!

配管加工を工場で行い、現場作業を最小限におさえる
プレハブ配管加工で、品質と工期と安全をお約束します。

ユウケン工業ならではのプレハブ配管加工のメリット

プレハブ加工のメリット

merit of prefab piping

環境の整っていない現場での作業を極力減らし、主要な加工を工場で行うプレカット加工を導入することで、現場作業が簡略化され、安全、工期、品質について大きなメリットを実現しています。

プレハブ配管の流れ

図面に基づいて、天候に左右されない整備された自社工場で配管加工を行います。熟練の技術者がミリ単位の精度で加工し、万全の検査が可能なため、高い品質を確保することができます。

図面にもとづいて必要な管を切断していきます。 溶接面の強度をあげるために縁に開先加工を施します。
開先加工後の様子。溶接面が広がるので強度が高くなります。 TIG溶接とアーク溶接を用途に応じて使い分けています。
用途にあわせてさまざまな加工を行っています。 熟練スタッフが図面に忠実に精度の高い配管を製作しています。
現場での施工を効率的かつスムーズにします。 高圧配管などの場合は耐圧試験を行ってから現地に搬入します。

現地での配管施工

稼働している大規模プラントなどの修理では、現地での配管加工技術が不可欠です。各工程の作業を現地と工場のどちらで行うほうが効率的かを判断し、現地と工場を連携させながら作業を進めています。

   

現地と工場のスムーズな連携

現場と工場の連携が密接であることが弊社の大きな特長のひとつです。現場での急な仕様変更や追加が出た場合、現場と工場を連携させて速やかに対応できる体制を整えています。

基礎からの一貫工事

consistent System

架台設置のためのコンクリートの基礎工事

配管を支える鋼材架台の設置

配管の塗装工事